大人の歯列矯正は「終わり」を意識

歯列矯正の種類

歯列矯正には大きく分けて「ワイヤー矯正」「裏側矯正」「マウスピース矯正」の3種類があります。
ワイヤー矯正は「矯正」と聞いてイメージする、歯にワイヤーを装着できる器具(マルチブラケット)をつけて行う矯正方法です。ワイヤーを定期的に交換して歯を収めたい位置に引っ張っていきます。費用が比較的安いメタル、目立ちにくいセラミック、治療期間が比較的短いセルフライゲーションといった種類があります。
裏側矯正ではブラケットを歯の裏側に装着します。どうしても舌に器具が当たってしまうので異物感はかなりありますが、人から見て目立たないため、見た目上のストレスはほとんど感じないでしょう。
マウスピース矯正は「目立たない」という部分を残しながら異物感を減らすことができる矯正方法です。一人ひとりの歯型に合わせたマウスピースを作成し、一定のところまで歯が動いたら次のマウスピースに交換…という工程を繰り返していきます。

矯正中の注意点

矯正器具を長時間口の中に入れて行う歯列矯正は、治療期間中に気を付けなければならないことがいくつかあります。
器具が口の中にあると、歯磨きをしてもブラシが届きにくいところが出てきます。私は子どもの頃ワイヤー矯正をしていたのですが、器具の下側(と歯の境目)はかなり意識しないとブラシが届かず、汚れが溜まってしまうポイントとなっていました。担当の歯科医師が歯磨きの仕方を教えてくれるので、それを守ってきちんとケアをしましょう。
また、ブラケットがついている間は粘着力の強い食べ物は基本NGです。お餅やガムなどの食べ物が器具についてしまうと中々取れず、細菌の温床になってしまう恐れがあるからです。私も大好きだったチューインガムを禁止されました。
マウスピース矯正は取り外しができるため、いつも通りの歯磨きができますし、食べ物が制限されません。