インビザラインとは?治療の流れもご紹介

インビザラインとは

「インビザライン」とはマウスピース矯正のひとつで、ブラケット(歯にワイヤーを取り付けられるようにする器具)やワイヤーを一切使うことなく、完全オーダーメイドのマウスピース型の矯正器具(アライナー)を使って矯正治療を行います。現在では世界100ヶ国、900万人以上の人が利用している治療法です。歯に装着して使うこのアライナーを2週間ごとに交換し、少しずつ適切な位置に歯を動かしていきます。歯を動かす過程としてはワイヤー矯正と大差はありません。
透明なポリウレタンで作った着脱可能なアライナーは、着けていても目立ちにくく、スポーツなどをするときにも口に当たってケガをする心配が無いので安心です。非金属なので金属アレルギーの方でも治療ができます。

インビザライン治療の流れ

インターネットに限らず矯正治療は、まずカウンセリングから始まります。担当の歯科医師(多くは矯正治療の専門資格を持っています)が口内の状態を見ながらヒヤリングを行い、インビザラインによる治療の流れやメリット・デメリットを説明してくれます。少しでも疑問があったらこの機会に解決しておきましょう。この時インビザラインは適さないと判断されると患者本人の同意の上で他の方法に変更されることもあります。
次に精密検査を行います。口腔内の検査の他、マウスピースを作るために顔や口の写真を撮ったり、歯型を取ったりします。
その精密検査の結果を元に、治療内容や期間、費用を決定します。歯を動かしていく過程や最終的に収める位置などを3Dシミュレーターで確認することができます。
マウスピースが完成したら、着脱方法や注意点の説明を受け、一日22時間以上装着して治療していきます。